トップページ > お知らせ(ブログ) > 韓国遠征フォトギャラリー【感謝】

韓国遠征フォトギャラリー【感謝】

【仁川(インチョン)空港】
5日間、何から何までお世話になりましたヨンウニイさんとユウニイさん。韓国での楽しい思い出を本当にありがとうございました。またぜひお会いできる日を楽しみにしています。

コメント (3件)

10/8/3 @ 11:31 AM 投稿者:ふくかんねっと 事務局

ふくかんねっとの鄭です。
N.F.C vivaceのみなさま、無事の帰国、帰宅、本当におめでとうございます。今回の韓国遠征に快く子供たちを送り出してくださったご両親に感謝、感謝です。
ふくかんねっととしても地元のサッカー青少年たちの皆さんと貴重な経験ができたこと本当にうれしく思います。
ふくかんねっとは庭坂の地元に事務所がありますので、よろしくお願いします。
さて、報告書ができるまで時間がかかるので、ブログを通じて、簡単に状況説明(項目順に分けます)をしていきます。今後のためにも細かい事情説明が大事だと思います。
① ふくかんねっと韓国事務局、通訳(○ まあ、合格点ですね)
 上の2人は今回の遠征にふくかんねっとの事務局の役割を自らかってでてくれました。よく動いてくれたと合格点をあげました。
 上の写真のユウニイとヨンウニイ(子ども達からそうよばせていました)は、4年前に福島に、正確には庭坂にいた韓国のインターン生(韓国の大学生が海外で4か月間、無報酬で仕事や文化・生活を学ぶ)でした。それだけに、庭坂やふくかんねっとに愛着があり、私には韓国にいる息子たちのようなものです。このようなインターン生を5年間で150人近く福島に受け入れていました。
二人は庭坂にいる間、何回か当時の庭坂FCのヒロナリの試合をみに来たことがありました。またヒロナリはベンチが多かったので、すぐ帰りましたが。また、ヨンウ君は昨年も我が家(正確には事務所にですが)に4カ月下宿して、梨の里や福島民友新聞などで研修をしておりました。無報酬です。ユウニイは研修後も2年前にも庭坂に来て、スキーに行ったりしました。今年も来る可能性がありますが。昨年は1年間イギリスで留学して、今年大学3年生に復帰しています。卒業後は貿易会社に入社するそうです。どちらも、年は20代後半。日本ではありえないことですが、韓国では軍隊に行くので4年ほど(実際の軍生活は2年)若者が時間をとられることが多いです。ヨンウ君は現在4年生で大学院に進むそうです。

今回は2人は少なくても韓国と日本の暮らしのあり方をよく知っていたはずでした。
しかし、始まりは「氷」のことで私に怒られっぱなしでした。
急いで買ってきたパケッツと氷が魚臭くて。
私がにおいをかいでもひどいなあと思いましたが、
二人は、氷を洗ってみるなど、何とか使ってみようとするやさしい言葉に甘えて、なかなかすぐに動かなかったので、最終的には私に怒鳴られる始末・・・。韓国式指導スタイル?でしょうか。
ユウ君いわく、「韓国の監督に言ったら、飲める水があればいいからいらないと言われて、前もって用意するはずだった樽と氷をうっかりしました」と、反省。
それは、暮らしの違いからなのですが、2人はこの両者の違いを早くキャッチできたはず。後に何度も反省しておりました。

それにしても、この2人、本当によく走ってくれました。これほど立派な社員はなかなかいないでしょう。ボラティアでしたが。お弁当の手配、運搬、ごみ処理、車両(バス)の時間、試合関連、すべてに至って、小言ひとつない、いやな顔ひとつしない、心暖まるお手伝いでした。「ぼくらができることならなんでもします」が、2人の弁です。誇りに思います。他にもインターン生がゾロゾロ11人ほど来てくれました。彼らもよく努めてくれました。
以上、通訳兼、子どもたちにサポートしてくれた2人のことについての報告でした。

10/8/5 @ 9:22 AM 投稿者:ふくかんねっと 事務局

ユウ君とヨンウ君から「無事に到着しましたか」と電話がありました。「お手伝いできてうれしかった」「日本語がもう少し上手であればよかったのに」とか、言っておりました。

10/8/5 @ 9:25 AM 投稿者:ふくかんねっと 事務局

特に、ユウ君から31日にお帰りになったM君のお母さんを気にしていました。「スムーズにたどり着いたのでしょうか」と。ずいぶん心配していらしたからだそうです。以上、ユウ君からの伝言でした。もちろん、本人に電話をして確認したと伝えました。

コメントをどうぞ



アーカイブ

最近の投稿

最近のコメント

フィード

このページの先頭へ