ビバーチェの指導の原点は、子供たちにサッカーの「楽しさ」を伝え続けることです。
お気軽にお問い合わせください
080-5735-1248

クラブ情報

ホーム > クラブ情報

チーム名の由来

一般社団法人 NFC Vivace
チーム名
NFCビバーチェ

Vivace(ビバーチェ)とは、イタリア語で「愉快・楽しい」「快活な」「いきいきとした」という意味です。
子供達が楽しく、かけがえのない仲間を作れるよう、サッカーを通して伝えていきたいという思いが込められています。
“愉快な楽しい仲間たち”それがビバーチェです!!

スタッフ紹介

チーム代表 菅野 浩
(Hiroshi Sugeno)
一般社団法人 NFC Vivace代表理事
JFA公認サッカー指導員
JFA公認キッズリーダー
JFA公認サッカー審判員
JFA公認フットサル審判員
日本スポーツ協会認定指導員
JFAスポーツマネージャーズGrade2
U-15コーチングスタッフ
監督 吉野 哲也
(Tetuya Yoshino)
コーチ 大須賀 暢夫
(Nobuo Osuka)
U-12コーチングスタッフ
監督 朽木 克明
(Katuhiro Kuchiki)
コーチ 菅野 英一
(Eiichi Kanno)
コーチ 水野 忠重
(Tadashige Mizuno)
サポートスタッフ
U-12 片平 和寛
(Kazuhiro Katahira)
審判部 関根 政広
(Masahiro Sekine)
小野 峰弘
(Takahiro Ono)
チームアドバイザー兼ヘッドコーチ 佐藤 弘八
(Kohachi Sato)
一般社団法人 NFC Vivace 理事 1名
監事 1名

チーム理念

自立・感謝・仲間の
大切さを育む

ビバーチェの育成理念は、サッカーの楽しさを学びながら、人間性の育成を目指しています。
『返事・挨拶・身の回りの整理整頓』を基本に、少年期に必要な社会的マナーはもちろん学業もおろそかにせず、常に努力を忘れない『自立』の精神を大切にします。
洗濯、食事、送り迎えをしてくれるお父さんお母さん。自分を支えてくれる大切な家族、仲間の存在。サッカーができることにいつも感謝の気持ちを持つことを子供たちひとりひとりに確認していきます。

チームカテゴリ

指導指針

ビバーチェでは、年代とともに必要な自主性と、個人の成長のスピードに応じたコーチングを重視しています。

  • ジュニアユース(中学1年生~中学3年生)
    常に向上心を持ち、判断力を育て、さらなる基礎技術の精度を高める共に、自分の武器(特長)をみつけて伸ばしていきます。
    仲間の大切さを忘れずに人間的にも成長する選手の育成に努めています。
  • ジュニアA(小学5年生~6年生)
    基礎技術の正確性を重視しながら、サッカーの楽しさを色々な角度から知ってもらいます。
  • ジュニアB(小学3年生~4年生)
    ボールタッチの時間を増やすことで正しいスキルを高め、サッカー大好き少年へ変身させていきます。
  • ジュニアキッズ(小学1年生~2年生)
    子供たちがどのくらい楽しんでいるかをいつも確認しながらたくさんボールに触れさせ、楽しい事できる事から始めます。

クラブの歩み

1977 庭坂FCスポーツ少年団として発足
2004 クラブチーム登録
庭坂FC U-15(現ジュニアユース)設立
サッカー部のない中学の選手の受け皿となる
2007 庭坂FC30周年記念大会を開催
2010 クラブ名を「N.F.C ビバーチェ」と改名
ホームページを開設する
ふくかんねっと事業 4泊5日の韓国遠征を実施
2015 ジュニアユース パナソニック杯優勝
2016 ジュニアユース 県リーグ2部昇格
ジュニアユースセカンドチーム 県北リーグ1部参戦
2017 庭坂FC40周年記念大会を開催
ジュニア 郡山カップ県大会ベスト8
2018 東北クラブユース連盟登録
ジュニア 郡山カップ県大会ベスト8
ジュニア バーモントカップ県大会ベスト4
2019 ジュニアユース 県リーグ2部準優勝
ジュニアユース ろうきん杯県大会第3位
ジュニア 県北リーグ昇格、参戦
2020 ジュニアユース 県リーグ1部昇格、参戦
一般社団法人 NFC Vivace に組織変更
2027 庭坂FC50周年記念大会を開催予定

ビバーチェの前身となる『庭坂FC』は1977年に創設された伝統ある少年サッカーチームです。
小学1年生~中学3年生までの健康な男子・女子、学区を問わずどなたでも入部できます。
『お子さんを明るく元気よく成長させたい』『サッカーの楽しさを伝え続けたい』それが私たちビバーチェの原点と考えています。

過去のブログ

ブログ一覧はこちら