トップページ > お知らせ(ブログ) > ジュニアユース 山形遠征総評

ジュニアユース 山形遠征総評

2日間の大会お疲れ様でした。
新人戦敗退後に、「5つの事を練習、試合で常に意識して行きましょう」と課題を与えての初めての試合で、初日にはこのチームの可能性とやれば出来るんだということが分かる内容でした。初戦は、うちよりもはるかに体格の良い子が多いチームでしたが、全然負けてなく、2試合目の相手は初戦よりも更に足元が出来てるチームでしたが、しっかりとプレッシャーをして相手に自由にやらせなかった事、1番は3試合目のアヴァンサールさんとの試合です。技術、フィジカル全てにおいて上のチームで前半に0-3で終えて、後半はとにかく何点取られてもいいから1点取って来いと送り出しました。正直、多分1-6くらいだろうと思ってましたが、同点に持ち込めたのです。この試合が自分としては今回1番良かったと思ってます。
2日目は、田んぼの中でやってる様な最悪のコンディションでしたが、しっかり自分達の課題が分からせてもらえました。あのコンディションでもしっかりと蹴れないって事を。とにかく5つの課題が出来てる出来てないのが上位チームとの差だと感じたはずです。また、他県のチームのボールを取るためのきついプレッシャーやあたって来ることも良い体験になったと思います。しっかりと5つの課題を覚え、出来るように頑張っていきましょう!

多くの保護者の皆様には送迎、応援とありがとうございました。それも子供達の頑張りに繋がったと思います。監督 吉野

コメント (1件)

13/11/6 @ 9:31 PM 投稿者:2日間お疲れ様でした!

対戦したことがないチームで体つきを見るとレベルは高そうな雰囲気!!前半1失点したもののその後は安心して観戦出来ました。本当にみんな成長してるなぁって思えました。子供たちも現状に満足せず、まだまだ頑張ってほしいです!!指導者の皆さん、これからも宜しくお願いいたします。

コメントをどうぞ



アーカイブ

最近の投稿

最近のコメント

フィード

このページの先頭へ