トップページ > お知らせ(ブログ) > 韓国遠征フォトギャラリー【飛行機・バス・レジデンスホテル】

韓国遠征フォトギャラリー【飛行機・バス・レジデンスホテル】

コメント (3件)

10/8/3 @ 5:47 PM 投稿者:ふくかんねっと 事務局

③宿泊先のこと(▲○ いまいち、よかった、両方)
宿泊先はあることにこだわったので試合会場から30分~以上かかり遠く感じました。あることとは、大人専用のテレビ番組が氾濫していたからです。とにかく、地方になると、ほとんどがラブホテル兼用なのです。ソン牧師はそれに相当こだわりを持っておりました。レジデンスはそういう意味で選ばせていただきました。しかし、最後の日、真夜中にチャンネルを回していたら、ここにもありました。がっかりしたものです。子どもたちが見てなければいいのですが・・・。
家族がくるマンションタイプで広々としていて窮屈な気持ちはない分、部屋ごとに冷房がない、ルームサービスはない、ベットメーキングも毎日でない、バス停留所がない、トイレは紙を流さないでほしいなど、ないないと注文の多いホテルでした。でも、私個人的には韓国に息子と行く時には、ソウルにあるレジデンスにしようと決めております。
特に、トイレの水や節電主義スタイルにはみな不便だったはずですが、それだけ日本で暮らしている私たちが贅沢な暮しをしていることでしょうね。特に、水には感謝、感謝です。韓国は、私が幼いころのきれいな水はいまありません。水不足で大変です。でも、ある日本人が「韓国は『不便』を知る第1段階」と言ったことがありました。というのは、日本からみて韓国は、トイレ、水、電気・・・など、かなりの不便を強いられると感じますが、世界的にはそれはせいぜい第1段階にすぎないという意味だそうです。子どもたちがこの不便を日ごろの不自由ない暮らしの感謝につながるといいですね。日本で暮らしていると申し訳ないくらい「便利」なのを感じます。
今度は、もう少し「不便」を体験してみたりすると「もっと楽しい」というかもしれません。ちなみに、水不足という国をあげて「節水」をしているのに、「韓国の子どもたちはミネラルウォーターで手を洗っているよ」と指摘。ごもっともです。資源の意識が欠けている子どもがいましたね。

10/8/5 @ 6:22 AM 投稿者:pabo

うれしい。宿泊したホテルの写真を撮ってくださった方がいらしたのですね。ちょっと変わったところですが、私には外国にきていることを感じさせてくれたものです。

10/8/5 @ 1:50 PM 投稿者:ふくかんねっと 事務局

バスにはとてもこだわりました。
大切なみなを運ぶものですから。何度も安全運転をお願いしたのに、二日目の運転士さんの乱暴な運転に、ユウ君が大いに
会社に苦情を言って、次の日からはかわっていただきました。
バスの中で見た、韓国アイドルのk-popに子どもたちはもり上がっていました。

コメントをどうぞ



アーカイブ

最近の投稿

最近のコメント

フィード

このページの先頭へ