トップページ > お知らせ(ブログ) > ジュニアユース 2014パナソニック杯総評

ジュニアユース 2014パナソニック杯総評

2014パナソニック杯 トップ(11人制)の部

優勝を目標に挑んだパナソニック杯。残念ながら優勝は出来ませんでしたが、先輩越えの3位と言う成績には最低限の結果を残せたと思います。準決で松三にサッカーで勝って試合で負けました。監督としても勝たせてやらなくてはならない試合だった、負けさせてはならない試合だったと悔いが残り反省しています。今回の大会を振り返って、いかに1点が大事かを攻撃陣はつくづく思い知った事でしょう。全ての試合で決定的チャンスを何本も外し…決めるときに決めておけばもっと楽に試合を出来たと思います。その中でDF陣はとても頑張りましたし成長が見られました。ボール際とか奪った後のフィードなどはまだまだですが、教えた事を意識してやってくれてました。
何度も言いますが、負けるのは弱いから、相手より何かが足りないから負けるのです。しっかりと自分には、チームには何が足りないかを考え今後の大会に向けて頑張って行きましょう!胴上げを楽しみにしていた代表のためにも必ず今年実現させましょう。3日間、お忙しい中たくさんの応援にいらしてくださいまして、大変ありがとうございました。ビバーチェの応援団が1番多かったと思います。子供達の励みにもなりました。
監督吉野

コメント (2件)

14/3/25 @ 8:22 PM 投稿者:これからこれから

今大会は言葉だけではなく本当に優勝目指して子供達は試合に挑んでいたと思います。残念ながら優勝は逃しましたが、今までとは全く違う大会だったと感じます。これに満足せず更なる目標に向かって 頑張ってほしいですね。保護者の皆さんもお疲れ様でした。次の大会もみんなで応援しましょう!!そして監督と代表を胴上げしましょう!!

14/3/27 @ 11:59 AM 投稿者:takataka

優勝は出来ませんでしたが2年生にとっては、初めての結果として残るものでした。反省はいろいろあると思いますが、次に生かせるように努力してください。
県北リーグ、労金杯も期待しています。

コメントをどうぞ



アーカイブ

最近の投稿

最近のコメント

フィード

このページの先頭へ