トップページ > お知らせ(ブログ) > ジュニアユース 栃木遠征総評

ジュニアユース 栃木遠征総評

県外のレベルの高いチームとどのくらい出来るかが楽しみで挑みました。個人としてはそれほど大きな差はなかったのですが、チームとしてのやる事、サッカーの理解度の差が凄く大きいと痛感しました。

出発の時に、個人とチームとしてのテーマを意識して欲しくて(今、足りない所)プリントを渡しましたが、もろにそれが出来ていないのが表れた遠征でした。たまたまの勢いで県大会に行け、この所の練習試合でもそれなりに出来ていたので、だいぶへこんだと思います。いかにプリントの事が出来ていないか、サッカーに対する意識がまだまだ足りないか、気付けたと思います。

また1からの出直しです。

今後の練習でいかにプリントの事を意識して出来る様になれるかをしっかりと徹底し、選手達の意識と技術を高めていきたいと思います。2日間にわたりお世話になりました保護者の皆様大変ありがとうございました。

まさかもう「プリントがない」なんて子はいないでしょうね…  監督 吉野

コメント

この記事にはまだコメントがありません。

コメントをどうぞ



アーカイブ

最近の投稿

最近のコメント

フィード

このページの先頭へ