トップページ > お知らせ(ブログ) > ジュニア 郡山カップ県大会総評

ジュニア 郡山カップ県大会総評

県ベスト8!県北2位の面目を保つことができ、選手たちも大きな自信を持つことができたと思います。

県大会になると、どのチームもレベルが高く、一瞬たりとも気を抜くことができませんでした。

初日は、緊張のせいか空回りする場面が多く、1敗1分けと、厳しい状況になってしまいました。

2日目、勝つしかない状況の中で、出場した8人全員が役割をしっかりと果たし、フォルテに勝利、2次ラウンドに進むことができました。

ベスト4を懸けた会津サントス戦では、相手に圧倒される展開になってしまいましたが、よい経験になったと思います。

選手一人一人がサントスのスピード、フィジカル、テクニックを体感したので、その経験をこれからの自身のプレーに生かすようにして、さらに成長してくれることを期待したいと思います。

6年生にとっては、早春杯とオノヤ杯を残すのみとなりました。悔いのないプレーができるよう全力で臨んでほしいと思います。

5年生以下は、今の自分のプレーに満足することなく、さらに高みを目指して、謙虚に練習に取り組んでほしいと思います。

福島県ベスト8のチームに恥じないように!!

保護者の皆様、毎回、熱い声援に感謝いたします。また、インフルエンザ等がまだまだ懸念されます。お子様の体調管理、よろしくお願いいたします。

監督 朽木

コメント

この記事にはまだコメントがありません。

コメントをどうぞ



アーカイブ

最近の投稿

最近のコメント

フィード

このページの先頭へ